> カテゴリ
全体
未分類
> お気に入りブログ
カテゴリ:未分類( 38 )
「働く美女」がメンバーの条件 悪女学研究所所長 藤田尚弓さん(産経新聞)
 ■働く女性に社会の処世術

 「悪女ですが、何か?」

 そんな挑戦的な言葉を口にしながら、語り口は穏やかだ。

 「悪女学研究所というと悪女を育てる学校のように思われますが、実際は『歴史上の悪女』の研究会です。歴史には女性が働くための教訓や処世術がいっぱい詰まっているんですよ」

 “研究員”は、現代の悪女たち。悪女とはずいぶんセンセーショナルな響きだが、「働く美女」であることがメンバーの条件だ。

 1カ月おきに勉強会を開き、著名人を招いて講演してもらう。後半ではお酒を飲みながら、キャリアウーマンならではの悩みや恋愛話に興じる。気がつけば、“同志”は約400人に増えていた。

 「男性社会で女性が働くには、女を捨てて男と同じ土俵に乗らないといけないのか。私は違うと思う。女性の得意なところを生かしながら、しなやかに成果を出す技が必要なんです」

 茨城県の警察署を結婚退職するも、離婚。銀座のクラブホステスに転身し、再婚、出産、再び離婚、と紆余(うよ)曲折を重ねてきた。

 男性ばかりの警備会社に就職したときのことだ。女性初の管理職に抜擢(ばってき)されたが、男性に取り囲まれて抗議を受けるなど、いじめとも取れる理不尽な壁にぶつかった。

 シングルマザーを見る世間の目は冷たく、子供が3歳になるまでは母親の手元で育てるべきだという「三歳児神話」を元に、悪女呼ばわりもされた。

 そこで生まれた開き直りとも言える言葉が、「悪女ですが、何か?」だった。

 「自分と同じ立場にいる女性はいっぱいいるんじゃないか。そういう女性のためのサークルをつくろう」

 とはいえ、ただ愚痴を言い合う会にはしたくない。そこで、歴史上の悪女を研究することを思い付いた。

 男性に何かしてあげる前に、まず男性の力を借りてそのお返しを装って何かをする「恩買い作戦」。裏に反感が込められている「すごいね」という言葉をもらうより、努力している姿をたくさん見せて「よかったね」と応援してもらう「努力見せ作戦」…。

 メンツを重んじ、実は嫉妬(しっと)深い男性の特性をとことん研究。働く女性に向けた実践的なアドバイスを繰り出す。大学や企業で講演する機会も増えた。

 最近気になっているのが、世の中に社会人としての基礎力が足りない人が多いということ。「そういう人は得てして、ここが足りないと指摘しても聞く耳を持たない。でも、ギリシャ神話などを例にアドバイスすると、意外と納得してくれる」のだという。

 時代によって、悪女の姿も変わる。男性社会をしなやかに生き抜く現代の悪女たちが、未来の悪女に研究される日は来るだろうか。(道丸摩耶)

【プロフィル】藤田尚弓

 ふじた・なおみ 昭和47年、東京都生まれ。37歳。茨城、千葉などを転々として過ごす。全国初の防犯専従職として茨城県警に勤務後、銀座ホステス、警備会社勤務などを経て、平成18年にweb製作会社「アップウェブ」起業。今年1月、悪女テクニックをまとめた「『悪女』の仕事術」(ダイヤモンド社)を出版した。

【関連記事】
パワーの源、女性同士でがっつり 「焼き肉女子」増加中
働く女性にとって関心のある習い事は「英語」
労働者派遣法改正で失業者が増える!? 中小企業は対応に苦慮、派遣女性も困惑
出産後も仕事にやりがいを
足踏みする「男女参画」 働き続ける難しさ

よど号事件40年 「明日のジョー」はいま…(産経新聞)
<子ども手当法>成立 6月から支給(毎日新聞)
機密費の全面公開、官房長官は消極姿勢(産経新聞)
首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」(産経新聞)
米国防長官と29日に会談=岡田外相、ワシントン入り(時事通信)
[PR]
by cjdmxhxpbl | 2010-04-03 00:38
アナウンサー直伝講義術、京大教員にDVD(読売新聞)
 アナウンサーの話し方や伝え方の技術を“授業力向上”に生かそうと、京都大情報学研究科の辻高明特任助教らがNHK関連団体の協力を得て、教員向けのDVD教材「ティーチング・ティップス集」を作成した。

 京大教員に順次配布し、参考にしてもらう考え。辻助教によると、大学の授業方法の見直しにアナウンサーの技術を活用するのは全国的にも珍しいという。

 「ティップス」とは秘訣(ひけつ)の意味。教材は「講義の目的を明確にする」から始まり、「ポイントを際立たせる」「黒板を上手に使う」「話し合いで内容を深める」など、学生の注意力を高めたり、理解を深めたりするための12項目で構成している。

 財団法人「NHK放送研修センター」(東京都)のアナウンサー2人が講師役で登場。1人が、大教室での講義を想定して模擬授業を行い、進め方の問題点をもう1人が解説する。

 文部科学省は一昨年4月以降、各大学に、それまでは教員任せだった授業の質の管理に、組織的に取り組むよう求めている。同研究科では、大学院生を対象に、アナウンサーからコミュニケーション技術を学ぶ集中講義を開いており、辻助教が「教員にも応用できる」と思いついた。

 辻助教は「授業力向上の取り組みでは、互いの授業を参観して議論したり、学生からアンケートを取ったりするケースが多い。今回の教材で、話し方、伝え方のプロからスキルを学んでもらえたら」と話す。

東九州道工事、橋にひび割れ=取り壊し再建造へ−宮崎(時事通信)
「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)
組織のゆがみ指弾 高松塚劣化、あぶり出された「人災」(産経新聞)
<不正経理>神奈川2副知事を更迭 松沢知事(毎日新聞)
【視点】「なぜ犯人」解明されぬまま(産経新聞)
[PR]
by cjdmxhxpbl | 2010-03-31 13:16
がん検診 受診率向上訴える 都内でフォーラム(毎日新聞)
 がん検診の受診率向上を訴える「がん検診50・フォーラム」が24日、東京都内で開かれた。職場などで行われる検診の充実のため、厚生労働省の委託で今年度始まった推進事業「がん検診企業アクション」の一環。毎日新聞社など62団体(従業員総数約36万人)が「推進パートナー」として参加している。

 元毎日新聞記者でジャーナリストの鳥越俊太郎さん(70)が5年前、血便ですぐ受診。進行した大腸がんが見つかり、以後4回の転移がんの手術を受けた体験を報告。「早期発見、治療で命を長らえることができる」と話した。

 続く対談で、厚労省の「がんに関する普及啓発懇談会」座長を務める中川恵一・東京大医学部付属病院准教授は、現役時代の検診が重要で「特に女性のがんは30〜40代に多い。受診率は欧米よりかなり低く、企業がしっかり取り組んでほしい」と訴えた。

<クロマグロ>全遺伝情報を初めて解読 日本の研究機関など(毎日新聞)
「分析・新薬価制度」(上)―中村和男氏(シミック会長兼社長)(医療介護CBニュース)
橋下知事「北朝鮮から批判されて光栄だ」 授業料無償化めぐり(産経新聞)
<児童ポルノ>日弁連が「単純所持」禁止…規制で方針転換(毎日新聞)
<職業訓練>実施率が最低に 不況で資金不足(毎日新聞)
[PR]
by cjdmxhxpbl | 2010-03-29 12:51
自民府議団3人離脱 分裂3度目 橋下知事に賛同(産経新聞)
 大阪府議会の最大会派、自民党府議団に所属する府議3人が、府議団を離脱したことが25日、分かった。3人は24日の府議会本会議の大阪(伊丹)空港廃港決議の採決で、橋下徹知事に近い会派が提案した決議案に賛成した。府と大阪市の再編構想にも賛同しており“親橋下”の立場で活動する。自民は昨年から集団離脱が相次いでおり、今回で3回目。3人離脱後も最大会派は維持できるが、一時は49人いた議員は35人まで減少する。

 3人は西野弘一議員(東大阪市選出)、西野修平議員(河内長野市選出)、西田薫議員(守口市選出)。西田議員は「橋下知事のいる今こそ府市再編ができる最大のチャンス。自民では意見がまとまらない可能性があるので、同じ考えを持つ議員たちであえて離脱した」と説明した。

 今後の活動については「志が同じ議員と一緒にやりたい」としており、4月に発足する「橋下新党」との連携にも含みを残した。

 条例などの提案ができる府議会会派結成には少なくとも5人が必要だが、当面は3人で活動する見通し。

 自民会派はこれまで橋下知事の主張する大阪ワールドトレードセンタービルディング(大阪市住之江区、WTC)への庁舎移転の対応をめぐり、2度にわたり議員が離脱。

 このメンバーに加え、民主会派などを離脱した議員らを含め、14人の府議が4月1日に新会派「大阪維新の会」を発足させる予定となっている。

<明石歩道橋事故>遺族「補充捜査を」 要望書を提出(毎日新聞)
暴風、関東でけが人=千葉で瞬間38メートル−高波、竜巻など警戒呼び掛け・気象庁(時事通信)
鳩山首相、ガス田問題で「東友愛の海にする努力必要」(産経新聞)
<日仏外相会談>イラン核拡散問題で米仏などに理解示す(毎日新聞)
桜と笑顔ほころぶ巣立ちの季節(読売新聞)
[PR]
by cjdmxhxpbl | 2010-03-27 00:59
公益法人への負担金見直しを=事業仕分け、行政刷新相と会談−橋下知事(時事通信)
 枝野幸男行政刷新担当相と蓮舫参院議員らは21日、「事業仕分け第2弾」の参考にするため、都内で大阪府の橋下徹知事と会談し、府の行政改革の取り組みについて説明を受けた。この中で橋下氏は、自治体から負担金を集める公益法人の在り方を批判。「公益法人を原則ゼロにするぐらい、事業仕分けで大掃除してもらいたい」と求めた。
 橋下氏は、大阪府に課せられている公益法人と独立行政法人への負担金が2008年度まで年間約47億円あったが、10年度までに自主的に14億2000万円減らすことができたと紹介。「意味のない『会費』(負担金)も多い。法律の縛りを見直してほしい」と要請した。 

【関連ニュース】
来月に50公益法人選定=仕分け対象、不透明な実態続々
言論封殺を批判=生方氏解任、波紋広がる
仕分け、特別民間法人も対象=枝野担当相
批判と支持が交錯=生方氏解任で閣僚から発言
辞任要求「よろしくない」と野田副大臣=枝野氏らも生方氏擁護

民主・生方議員、街頭演説で小沢氏辞任求める(読売新聞)
<ひき逃げ>米軍車両が追突、逃走 子ども2人けが 沖縄(毎日新聞)
<普天間移設>鳩山首相「難しいけれど頑張っている」(毎日新聞)
グーグル、ウェブ検索で書籍の検索・閲覧が可能に
半数以上「地方移管」を=国出先の仕分け結果−知事会PT(時事通信)
[PR]
by cjdmxhxpbl | 2010-03-25 11:13
石川県知事選 谷本氏V5でまたもや全国最多選(産経新聞)
 任期満了に伴う石川県知事選は14日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属現職の谷本正憲氏(64)=社民推薦=が、元衆院議員の桑原豊氏(64)ら無所属3新人を破り、5選を果たした。

 谷本氏は民主、自民、公明各党の県組織の支援も受ける事実上の相乗り。空港整備や北陸新幹線の金沢駅開業に向けた取り組みなど4期16年の実績をアピールし、多選批判をかわした。5選は茨城県の橋本昌知事と並び、現職知事としては全国最多の当選回数。

 桑原氏は、相乗りを決めた民主党県連に反発して出馬。「長期政権で活力が失われている」と主張して票の掘り起こしを図ったが及ばなかった。医療関連団体役員の木村吉伸氏(58)=共産推薦=は医療や福祉を重視する県政への転換を訴えたが伸び悩み、元電機会社員の米村照夫氏(70)は支持が広がらなかった。

 石川県では、前知事の中西陽一氏も全国最長の8期31年在職した。

【関連記事】
石川県知事選告示 「相乗り」現職、反発の元民主議員ら計4人
「負担金一部拒否の新潟は解決策を」北陸新幹線で石川県知事
農水省職員を長崎知事選に続々“投入” 答弁書で判明
仁坂・和歌山県知事「改革は始まったばかり」再選出馬を正式表明
地方選善戦も自民隠し 「風」生かせぬ執行部
20年後、日本はありますか?

【風】学用品・通学・部活…かさむ費用(産経新聞)
全日空機が引き返す=新千歳空港(時事通信)
<谷垣総裁>議員懇開催へ 執行部交代要求は拒否(毎日新聞)
死亡隊員の両親、国など提訴=格闘訓練は「体罰」−松山地裁(時事通信)
<覚せい剤>元警部補が「密売人紹介」初公判で検察(毎日新聞)
[PR]
by cjdmxhxpbl | 2010-03-20 21:02
能楽観世流シテ方の河村禎二氏が死去(産経新聞)
 能楽観世流シテ方、河村能舞台当主の河村禎二氏が13日、心不全のため死去した。86歳だった。通夜は14日午後6時、葬儀・告別式は15日正午、京都市上京区柳図子町320の14の自宅(河村能舞台)で。喪主は長男、和重(かずしげ)氏。

【関連記事】
作家の角田房子さんが死去 「閔妃暗殺」「悲しみの島サハリン」
詩人の和泉克雄氏死去 「前奏曲」「短い旅」
仙田理芳さん死去 重要無形文化財保持者、能楽師
東大大学院教授、高橋進氏死去 ヨーロッパ外交史
甦る往年の名テナー・永田絃次郎 

坂本龍馬をやりたい…鳩山邦夫氏、新党結成意向(読売新聞)
皇太子さま ガーナとケニアから帰国 愛子さま姿見せず(毎日新聞)
鳩山邦夫氏が離党届 園田氏は役職辞任へ(産経新聞)
<盗品カーナビ>1億円荒稼ぎ 容疑の16人逮捕 大阪(毎日新聞)
女児ら数十人に性的暴行か=英会話教室経営の米国人逮捕−福岡県警(時事通信)
[PR]
by cjdmxhxpbl | 2010-03-18 21:32
「社会保障への注力で平和に」―日医・唐澤会長(医療介護CBニュース)
 日本医師会の唐澤祥人会長は3月13日、京都市内で開かれた「第1回アジア慢性期医療学会」で基調講演し、「超高齢社会」では年金や医療、介護、福祉の体制が整備されることが求められており、「社会保障に注力する国家が平和に近づく」と述べた。

 「超高齢社会に求められる医療―くらしの豊かさと絆を支えて」をテーマに講演した唐澤会長は、身近な地域での医療提供体制の充実が重要とした一方で、自公連立政権での医療制度改革などで、「あらゆる分野で削減政策が進み、地域医療が崩壊した」と指摘。その上で、求められる医療の将来像を国民や医師、看護師などの医療専門職が考える必要があると述べた。
 また、医療保険を支える財源について、負担と給付の在り方を公平にすべきと訴え、「共助、公助がますます発揮される社会でなくてはならない」と述べた。
 その上で、身近な医療機関が健全に存在し、国民が経済的な負担を心配せずに医療を受けられる社会を構築することが重要として、▽診療報酬の大幅かつ全体的な引き上げ▽患者の一部負担割合の引き下げ―の2点を提言した。

■「国民に評価される役割を果たす」
 唐澤会長は、「日本医師会は開業医のことしか考えていないというのではない」と述べた上で、今後日医が果たすべき役割として、国民や医療担当者の思いを具現化し、方向性を付け、社会に訴えることを挙げ、「国民に存在を評価されるような役割を果たさなくては意味がない」と強調した。


【関連記事】
日医会長選の3候補が北海道医師会で演説
日医会長選、現職の唐澤氏が出馬表明
「国家安全保障としての医療」シンポで宇沢氏らが講演−日医
医療への財源投入は経済成長に寄与−日医・唐澤会長
日医・唐澤会長「包容力が欠けていた」

<空港需要>08年度 全国の67空港で予測を下回る(毎日新聞)
天下りトップが実質8割、仕分け対象50法人 所管官庁OBの受け皿に(産経新聞)
激しい炎「中に人がいる」=未明の住宅街に悲鳴−グループホーム火災・札幌(時事通信)
慶大、囲碁で単位OK 4月から私大初 梅沢五段、講師に(産経新聞)
シュワブ陸上案を拒否=官房長官に伝える−沖縄知事(時事通信)
[PR]
by cjdmxhxpbl | 2010-03-17 07:31
子ども手当修正案を了承=公明(時事通信)
 公明党は11日午前の中央幹事会で、与党と修正で合意した子ども手当支給法案を了承した。山口那津男代表は冒頭、「修正案を提案して合意がなされた。今回の案は、公明党の言ってきた児童手当の拡充そのものだ」と評価した。
 同法案には、公明党の主張を踏まえ、付則に(1)児童養護施設の入所者など支給対象になっていない子どもへの支援(2)2011年度以降の子育て支援に関する施策の拡充−を検討することを盛り込んだ。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

5月に新年金制度の基本原則 “逃げ”? 具体設計は参院選後へ(産経新聞)
登校問題で両陛下「誰も犠牲にならぬ配慮を」(読売新聞)
<雑記帳>映画「みつばちハッチ」の製作発表 今夏公開(毎日新聞)
<柳沢伯夫氏>城西国際大学学長に 政界引退、4月から(毎日新聞)
<日米密約>西山太吉氏ら参考人質疑へ 衆院外務委(毎日新聞)
[PR]
by cjdmxhxpbl | 2010-03-15 12:43
黒澤明財団、寄付金3千数百万円が不明に(読売新聞)
 佐賀県伊万里市の財団法人「黒澤明文化振興財団」(黒澤久雄理事長)に、九州の建設業者約20社から寄付された3千数百万円が財団の口座に入金されず、不明になっていることが6日分かった。

 財団によると、1999年の財団設立直後、計画に携わった企画会社の元役員(故人)と黒澤理事長が、長崎や宮崎の建設業者に対し、伊万里市に「黒澤明記念館」を建てるための寄付を依頼。寄付金は企画会社の口座に振り込まれたが、元役員の死亡後は所在不明になっているという。

 財団を巡っては、同市に「保管している」と説明していた別の寄付金約3億8800万円の大半を、記念館建設までの仮施設の運営に使い果たしていたことが明らかになっている。

 黒澤理事長は建設業者の返還要求に応じて寄付金を返済中という。

岩手で推定1.9メートルの津波=入り組んだ地形影響−気象台調査(時事通信)
開業医の時間外電話相談、留守番電話対応も可(産経新聞)
姫路城の備前丸を封鎖、通行規制へ 平成の大修理(産経新聞)
犬繁殖業者逮捕、予防接種せず大量飼育の疑い(読売新聞)
第二京阪道路 高速道を地車走る?全通前の祝賀イベント(毎日新聞)
[PR]
by cjdmxhxpbl | 2010-03-11 10:30
   

バスガイドです、人は見かけによりません
by cjdmxhxpbl
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧