> カテゴリ
全体
未分類
> お気に入りブログ
> アナウンサー直伝講義術、京大教員にDVD(読売新聞)
 アナウンサーの話し方や伝え方の技術を“授業力向上”に生かそうと、京都大情報学研究科の辻高明特任助教らがNHK関連団体の協力を得て、教員向けのDVD教材「ティーチング・ティップス集」を作成した。

 京大教員に順次配布し、参考にしてもらう考え。辻助教によると、大学の授業方法の見直しにアナウンサーの技術を活用するのは全国的にも珍しいという。

 「ティップス」とは秘訣(ひけつ)の意味。教材は「講義の目的を明確にする」から始まり、「ポイントを際立たせる」「黒板を上手に使う」「話し合いで内容を深める」など、学生の注意力を高めたり、理解を深めたりするための12項目で構成している。

 財団法人「NHK放送研修センター」(東京都)のアナウンサー2人が講師役で登場。1人が、大教室での講義を想定して模擬授業を行い、進め方の問題点をもう1人が解説する。

 文部科学省は一昨年4月以降、各大学に、それまでは教員任せだった授業の質の管理に、組織的に取り組むよう求めている。同研究科では、大学院生を対象に、アナウンサーからコミュニケーション技術を学ぶ集中講義を開いており、辻助教が「教員にも応用できる」と思いついた。

 辻助教は「授業力向上の取り組みでは、互いの授業を参観して議論したり、学生からアンケートを取ったりするケースが多い。今回の教材で、話し方、伝え方のプロからスキルを学んでもらえたら」と話す。

東九州道工事、橋にひび割れ=取り壊し再建造へ−宮崎(時事通信)
「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)
組織のゆがみ指弾 高松塚劣化、あぶり出された「人災」(産経新聞)
<不正経理>神奈川2副知事を更迭 松沢知事(毎日新聞)
【視点】「なぜ犯人」解明されぬまま(産経新聞)
[PR]
by cjdmxhxpbl | 2010-03-31 13:16